本科:機械技術科本科:制御システム科本科:自動車整備科本科:建設設備科本科:情報ネットワーク科高等コース:金属加工科高等コース:電気工事科高等コース:木造建築科

 

どんなことを学ぶの?

①配管施工実習②衛生器具の据付実習③エアコン据付
水、空気、ガスなど様々な流体が通る配管を漏れなく確実に施工する接合方法など配管施工の基本を学びます。
 決められた寸法に手洗い器、トイレなどの衛生器具の据え付け方法と配管方法を学びます。水を流して初めて施工した器具が漏れなく、うまく機能したときの達成感は最高です。 様々なタイプのエアコンの据付方法と運転方法を学びます。単に早く据え付けるだけではなく、常に丁寧に製品を取り扱う「心」も学びます。

④CAD実習⑤技能検定⑥企業派遣実習
設備業界ではCAD(パソコンによる図面作成)により図面を作成している。本科では汎用CAD(JWCAD)だけでなく、最新の設備専用CADも取り入れている。 建築設備科で取得する資格のうち、主として関連職種に就職するために有利な資格である技能検定(建築配管、冷凍空調)に合格するために課題に取り組みます。 2年間の集大成として、就職内定先へ実習生として派遣し、「現場力」と「社会人としてのコミュニケーション能力」を高め、新社会人としての準備を整えます。
 
 

先輩の声

川上 日向(烏山高校出身)

入校当初は、資格試験がたくさんあり、勉強が大変でした。しかし、その勉強の成果が資格という形で現れるため、とてもやりがいがあります。実習では、洗面器やエアコンの取り付け、溶接など様々な技術の向上を次々と実感することができるので、その充実感のあまり