栃木県立県央産業技術専門校  
 

本科:機械技術科本科:制御システム科本科:自動車整備科本科:建設設備科本科:情報ネットワーク科高等コース:金属加工科高等コース:電気工事科高等コース:木造建築科

 
総合トップページ > 県央:受験生(中卒)> 高等コース:木造建築科 

お知らせ

木造建築科 Wooden Building Dept.

高等コース2年課程 定員20名 対象者 中学校卒業以上


一般的な建築工法である木造軸組構法の大工を目指して、道具の手入れや道具の使いこなし、木材の加工方法等、大工の技と住宅の建て方を身につけます。


大工の技

木造建築の基本に継手と仕口があります。継手とは、木材を組み長さを伸ばす技。仕口とは、木材を組み角度をつける技。これら大工として不可欠な技が無理なく身につきます。

木造建築技術は不滅
木造建築技術は不滅です。モダンな現代建築や日本家屋、リフォーム工事まで、あらゆる場面で必要とされ、本格的な大工が求められています。

就職後は・・・
技を磨き、経験を積んで、本格的な大工として職人技を極めます。さらに様々な現場で経験を積み重ね、将来は多様な現場で活躍する大工を目指します。


【木造建築科(高等コース)紹介映像】

画像クリックで再生します。

取得可能な資格
・二級技能士(建築大工)
・技能士補(木造建築科)


先輩の声(木造建築科H26,H27年度在校生)

【産技校では何をしている?】
自然の素材である木材を使って、切ったり、削ったり、組み合わせたりを毎日訓練しています。
【努力していること】
刃物の研ぎは慣れるまで大変でしたが、大工に必要な技能を身につけるため、日々能力向上に努めています。
【将来の目標】
人が安心して暮らせるような家を建てる仕事をしていきたいです。


先輩の声(H18年度修了生、就職先:㈱篠崎住宅)

【産技校になぜ入校、なぜ大工?】
自らの手で家をつくりたいという気持ちから本校に入校、大工工事の基本を習得、構造部材の墨付け刻みのできる大工になりたいと思いました。
【仕事の醍醐味】
創りあげたものが永く残ること、お客様と直接接し、喜んでもらえること。お客様の喜ぶ顔を見るため、木材を活かした安心できる家づくりに情熱を感じています。
【資格取得について】
本校で学んだことを基礎として、一級技能士を取得しました。



 
栃木県立県北産業技術専門校栃木県立県南産業技術専門校能力開発コース
 
栃木県立県央産業技術専門校〒321-0905
栃木県宇都宮市平出工業団地48-4
TEL:028-689-6374   FAX:028-689-6377

Copyright(C) 2013 栃木県立県央産業技術専門校 All Right Reserved.