栃木県立県央産業技術専門校  
 

本科:機械技術科本科:制御システム科本科:自動車整備科本科:建設設備科本科:情報ネットワーク科高等コース:金属加工科高等コース:電気工事科高等コース:木造建築科

 
総合トップページ > 県央:受験生(中卒)> 高等コース:金属加工科 

お知らせ



 工場板金、鉄骨、製缶、自動車板金、金属塗装等の金属加工業で活躍できる人材を目指して、「板金」「溶接」「塗装」の各分野の専門知識、技能を身につけます。


金属に命を吹き込む
 金属を「切る」、「曲げる」、「接ぐ」等の加工により姿を変え、新たな命を吹き込む。自ら思い描いたものを形にすることができる。これが金属加工の醍醐味です。

ものづくりの基幹産業
 金属製品は、建築物、自動車、電気製品、生活用品など身近にたくさんあります。これらを作る加工技術は、今後も変わることのない大切な技術です。自動化が進んだ現在においても、職人の経験や技能が必要とされています。

就職後は・・・
 金属加工科で学ぶ「溶接」、「板金」、「塗装」の各分野で勤める訓練生がほとんどです。就職後は、さらに技能を高め、現場の中核として活躍しています。少子高齢化により労働人口が減り、若年技能者への期待が一層高まっています。

【金属加工科(高等コース)紹介映像】

画像クリックで再生します。

取得可能な資格
・JIS溶接技能者評価試験(N-2F、SA-2F)
・二級技能士(構造物鉄工)
・技能士補(塑性加工科)
・ガス溶接技能講習修了証
・特別教育修了証(アーク溶接、研削砥石、動力プレス、低圧電気取扱)


先輩たちの声(菅又翔太 H28年度在校生)

【なぜ産技校?】

 勉強が苦手でしたが、ものづくりが好きなので製造業で働きたいと思っていました。先生の薦めもあり産技校で技能を身につけ就職した方が良いと思いました。
【良かったこと】
 実習の時間が多くて、たくさん物を作れます。良い物ができれば、達成感があり、ものづくりの面白さをすごく感じます。
【将来の目標】
 ビルやタワーなど大型建築物の製造に興味があります。優秀な溶接工となり、見応えのある建物を造ることが目標です。

先輩たちの声(倉持尚也 大島建設工業(株) H27年度修了生

【どんな仕事?】
 店舗、工場など建物を造る仕事で、鋼材を加工、溶接、組立、塗装します。自分が造った建物を見た時は感激しました。
【役に立ったこと】
 産技校では加工、溶接、塗装の基本技術は全て学ぶことができました。働くための考え方やルールも学べたので、円滑に働けています。
【後輩に一言】
 毎日元気に出勤し、やる気を持って仕事に取り組み、あきらめない姿勢が大切だと思います。毎日登校して訓練に励んで下さい。

 

 
栃木県立県北産業技術専門校栃木県立県南産業技術専門校能力開発コース
 
栃木県立県央産業技術専門校〒321-0905
栃木県宇都宮市平出工業団地48-4
TEL:028-689-6374   FAX:028-689-6377

Copyright(C) 2013 栃木県立県央産業技術専門校 All Right Reserved.