栃木県立県央産業技術専門校  
 

本科:機械技術科本科:制御システム科本科:自動車整備科本科:建設設備科本科:情報ネットワーク科高等コース:金属加工科高等コース:電気工事科高等コース:木造建築科

 
総合トップページ > 県央:受験生(中卒)> 高等コース:電気工事科 

お知らせ



 電気工事士となるためには、第二種電気工事士以上の資格が必要です。電気工事科では、第二種電気工事士以上を目指して、実技と学科を身につけます。



有資格者の安全な作業
 食べる、住む、働く、命を守るなど、人間生活において、遠い未来まで電気は不可欠です。電気工事士は、電気を安全に届ける道をつなぐ仕事です。

幅広い作業・多様な現場
 新築工事だけでなく、増設、交換、メンテナンスなど、電気関連の幅広い作業に従事します。現場は住宅、店舗、ビル、工場など多岐に渡るため、様々な現場で活躍し、経験を積むことができます。

就職後は・・・
 実務経験を積んで、第一種電気工事士免状を取得、さらに電気工事施工管理技士、電気主任技術者など、必要な資格を取得して作業従事者から管理・監督者を目指します。


【電気工事科(高等コース)紹介映像】

画像クリックで再生します。

取得可能な資格
・電気工事士(第二種免状、第一種試験合格)
・技能士補(電気工事科)
・特別教育修了証(低圧電気取扱、アーク溶接、足場の組み立て)
・ガス溶接技能講習修了証


先輩たちの声(北山敬典 H28年度在校生)

【なぜ産技校?】
 電気屋として働く父の背中を見て育ちました。「電気工事士になって、父と一緒に働きたい」という小さい頃からの夢を叶えるために入校しました。
【良かったこと】
 見る物、聞く物が始めてで覚えられるか不安でした。先生方のわかりやすい指導で、知識や技術を身につけられました。
【将来の目標】
 国家資格を活かして、父と働きながら経験を積み、将来は自ら経営者となり信頼される電気工事会社を作りたいです。


先輩たちの声(亀井竜也 (有)亀井電設 H15年度修了生)

【どんな仕事?】
 主に公共工事や民間の屋内外の電気工事をしています。住宅の電気工事から建設現場、工場等のメンテナンス、太陽光発電など色々な工事に携わっています。
【役に立ったこと】
 産技校で一緒に学んだ友人とのつながりを今でも大切にしています。身につけた知識、技能、資格は役立っています。
【後輩に一言】
 現在では経営者として働いています。立派に働く皆さんの姿が見られるのを楽しみにしています。

 

 
栃木県立県北産業技術専門校栃木県立県南産業技術専門校能力開発コース
 
栃木県立県央産業技術専門校〒321-0905
栃木県宇都宮市平出工業団地48-4
TEL:028-689-6374   FAX:028-689-6377

Copyright(C) 2013 栃木県立県央産業技術専門校 All Right Reserved.