栃木県立県央産業技術専門校  
 

本科:機械技術科本科:制御システム科本科:自動車整備科本科:建設設備科本科:情報ネットワーク科高等コース:金属加工科高等コース:電気工事科高等コース:木造建築科

 
総合トップページ > 県央:受験生(中卒)> 高等コース:木造建築科 

お知らせ


 一般的な建築工法である木造軸組構法の大工を目指して、道具の手入れや道具の使いこなし、木材の加工方法等、大工の技と住宅の建て方を身につけます。


大工の技
 木造建築の基本に継手(つぎて)と仕口(しぐち)があります。継手とは、木材を組み長さを伸ばす技。仕口とは、木材を組み角度をつける技。これら大工として不可欠な技が無理なく身につきます。


木造建築技術は不滅
 木造建築技術は不滅です。モダンな現代建築や日本家屋、リフォーム工事まで、あらゆる場面で必要とされ、本格的な大工が求められています。  

就職後は・・・

 技を磨き、経験を積んで、本格的な大工として職人技を極めます。さらに様々な現場で経験を積み重ね、将来は多様な現場で活躍する大工を目指します。


【木造建築科(高等コース)紹介映像】

画像クリックで再生します。

取得可能な資格 
・二級技能士(建築大工)
・技能士補(木造建築科)
・ガス溶接技能講習修了証
・特別教育修了証(足場の組み立て)
・安全衛生教育修了証(丸のこ等取扱い作業)


先輩たちの声(鈴木竜一 H28年度在校生)

【なぜ産技校?】
 建築現場で働く父を見て、大工になりたいと思いました。自分の目標を達成するために産技校に決めました。
【良かったこと】
 大工道具の手入れから木材の加工、建て方まで大工に必要な知識と技能を一から段階的に学ぶことができました。
【将来の目標】
 技能向上に励み一級技能士の資格を取得し、人が安心して暮らせる家を建てることができる大工になりたいです。


先輩たちの声(須賀暢嗣 須賀産業 H22年度修了生 )

【どんな仕事?】
 木造住宅を造る大工工事です。建築現場にて土台、はり、柱などの木造住宅の構造部材の組み立て、室内の床、壁、天井などを仕上げます。
【仕事の醍醐味】
 部材を正確に加工し、隙間なく取り付けられると大きな達成感があります。また、同じ住宅はなく、一棟ごとに変化があり、仕事に飽きがこないです。
【後輩に一言】
 仕事を覚えるには、挨拶、返事ができ、謙虚に学ぶ姿勢が大切です。身に付けた技能は一生ものなので頑張ってください。

 

 
栃木県立県北産業技術専門校栃木県立県南産業技術専門校能力開発コース
 
栃木県立県央産業技術専門校〒321-0905
栃木県宇都宮市平出工業団地48-4
TEL:028-689-6374   FAX:028-689-6377

Copyright(C) 2013 栃木県立県央産業技術専門校 All Right Reserved.